苦しみたくないからこそ好き勝手にやる



このブログの方針を大きく変えた理由の一つです。更新が止まる前は「言葉を消費するのではなく紡ぎたい」と言ったけど、そう思う自分も本当だし、それだけではない自分がいるのも本当のこと。で、ブログをやる理由は人それぞれかもしれないけど、このブログに関しては私が主人公である、私の記録として扱いたいなあ、と。

大切なことも、そうでないことも、何もかもを定めず縛らず、自由気侭に書いていきたい。このブログに関してはアレコレ考えすぎるとそれが私にとっての苦しみになってしまい、それだと本末転倒なんですよね。もちろん、今でも「1日で書いた1記事」よりも「10日かけて書いた記事」の方が質が高いし、結果的にアクセスも伸びたりと、特にブログで副収入を考えている人にとってはそれは一理あるはず、と私は思いますが、、、

このブログではそういうのを気にしないで、力を入れすぎてフルスイングするくらいなら、もっとリラックスしてなんでもかんでも書いていきたいと思っています。まずは、書くこと。難しいかもしれないけど、1日1万文字書けるようになったら面白いなあ、と、今はそれを目標にしています。

自分のためにやっているブログなんだから、自分がちょっとでもストレスを感じてしまうのは嫌なんですよね。繰り返しますが、このブログで月収○○万円を目指しているとかの強いかつ主な動機があるならこのような記事も書きませんが、ブログ云々以前にツィッターのように、どうでもいいことも気軽にツイート(=小鳥の鳴き声、戯言)するような感覚で接してあげたいなあ、と。もっと言うなら、この場所を自分の逃げ場所、頭や心の通り道にしてあげたい。

だから、必要以上に他者というか読者を意識してしまうと失敗してしまう……否、すでに失敗していますね。更新が止まったり、せっかく書いた100記事もすべて消去するような行為に及んだわけですから。

別に現時点での私はブロガーなる者でもなんでもありません。ブログに携わることがメインなのではなく、他にも色々やっています。けど、それを理由にして「私は忙しいからブログをあまり更新しなくてもいいんだ」と甘える気もなく、誰に言われるでも明確な目的があるわけでもなく、純粋に「1日1万文字を書けるようになったら、なんだか面白いかも?」という私個人の感情だけがあるだけなのです。