本質的には誰もがブリングリング



映画『ブリングリング』。これを見たとき「馬鹿だね」「嫌だね」「終わってるね」「ただの犯罪者集団」「気持ち悪い」「迷惑でしかない」「etc」などの感想を持つ人たちが多いんだろうなあ、と個人的に思ったのだが、罪を犯したか犯していないかの違いなだけであって、本質的には彼らもあなたたちも変わらないよ、と言いたくなった。

何かに憧れて、けど自分の生活ではそうもいかず、誰かを羨むけど自分は大して努力しなかったり不平不満ばかりを言い放つ人たちや、人の発言やら何かの揚げ足取るのに必死だったり、SNS で幸福自慢を必死にアピースする人たちも……また、SNS を否定しているくせに実は登録していて友人や知人たちの幸せでもなんでも素直に受け止められず「くだらない」とか否定ばかりする人たちも、みんな「ブリングリング」だよね、と。

何かに対して「意見」を言うのは私も賛成だけど、それが意見ではなく単なる愚痴の連続でしかなかったら意味がない。たまたまそれっぽいことを言っているだけであって、毎日愚痴を欠かせない人っているでしょう? 特に年配の閉鎖されたコミュニティーや地域に属す人たちに多いなあ、と最近改めて実感しているんだけど。

凄くビックリしたのが「LINE も Facebook も Twitter も Instagram も、どこでもそうだけど、どいつもこいつも馬鹿ばかりで、くだらないことばかり垂れ流して、阿呆だよね?」と同意を強要されたことがあって、そんなに嫌ならそもそもそれらのサービスを一切辞めればいいのに継続して利用しているという。私には一生理解できない価値観だ。誰かの幸福なり何なりを毎回スマホの画面越しにインプットしてイライラする行為を、毎日継続しているのだから。相当のM気質なのかな?とすら思う。実際はそうではないんだろうけどさ。自らストレス発生マシーンと化してどうするのよ?と。そんな生き方していても疲れませんか?と。私だったら死にたくなるレベル。

自分とちゃんと向き合っていない人ほど、他者とも向き合えないという私の考えは、やはりそうなのかなと常々思うこの頃。そういう人に限って自己評価が高かったり、自分を客観視できていなくてね。

別にブリングリングの集団を肯定する気は更々ないんだけど、彼らはいちおう自らアクションを実行しているよ、と。それで警察に捕まって、まあ、映画の中では反省する気がまったくない人たちもいたけども、それでも罪を犯し、逮捕されて、、、といった経験は、もしかしたら今後活きてくるかもしれないでしょう?

変な話、善でも悪でも何も行動せずに、この世のすべてを否定しそうな勢いの人たちこそ、法的な罪を犯していないだけであって、私は罪人だと思っている。大半が家庭なり職場なり、自分より弱い立場の人たちを虐めているであろうから。

上手く言えないけど、ブリングリングを見て、自分たちのすべてを棚に上げて彼らを否定するのには違和感が生じるなあ、と思っただけです。繰り返しますが、別に彼らを肯定している気はまったくありませんので悪しからず。