ブログでは否定も尊重したい



何かに対して意見を述べるということは、何かを否定するということである。すべてに対してそうは思わない、最初から否定のスタンスをとっているわけでもないけど、それでもこれは真理の一つだと私は思うし、それすら尊重したい。だって、別に大手メディアに掲載している記事でもないし、仮にそうだとしてもちょっと強すぎる意見を執筆しているライターさんの記事も私は好きだし、個人のブログだったら尚更そう。わざわざ自ら炎上目的に強すぎる発言をアウトプットする必要はないけれど、自分の意見をオンライン上でもうやむやにしてしまったら、じゃあ一体どうしたらいいのよ?と私は思ってしまう。

誰にも反感を買わず、当たり障りない言葉を並べることもできるだろうけど、この場所においての私はそうしたくない。何かを否定して何かを積み上げるのも気持ち悪いとすら思うけど、時に強い想いや意見を言うことは誰だってあるでしょう?

たとえば、私が何かの作品を購入して、それを「つまらなかった」ということすら誤摩化して躊躇したくはないという。ただそれだけのことなのです。