iMac の調子が悪い



2007年12月中旬に購入した iMac の調子が最近悪い気がする。10年以上も何不自由なく使用できた理由の一つに、定期的に完全にリセットして工場出荷状態に戻してあげたことが大きな理由の一つだと思うが、最近はこれができていない。

写真やら何やらのデータ整理ができていなくて、しかも今現在は ZINE 制作の真っ最中でもあるし、それ以外にも様々な案件が関わっているので容易にデータをすべて整理して移行およびバックアップし、この PC をリセットする機会が中々訪れないというジレンマ。

来月中には一度リセットしてあげたい。周囲の話を聞いていると、10年以上 iMac を用いている人がいなかったし「ええ!その年代の iMac を未だに使えているの!?」と言われることも少なくない。確かに、当時購入した金額よりも遥かに安値で高スペックの iMac が今なら購入できる。さらに言うならば、メモリを自分で増大もしている。

当の本人は未だに買い替える気もないので、せめていろんな意味で落ち着くまではこのまま頑張って欲しいものだ。相手任せにするのではなく、頑張れるように相手に尽くしてあげないと、ね。