夜に自転車を走らせてラーメン屋へ



ラーメンについて書いていたのも相まって、22時前に近所のラーメン屋へ自転車を走らせる。物凄く美味しいわけでもないが、不味くもない。けど、素直に「ああ、美味しい」と食べる度に口から漏れそうになる絶妙なラーメン屋。そう表したのは価格も絶妙だからだ。このご時世に、一杯500円という破格さ。

巷でも「原価がどうのこうの」という話題は尽きない。たとえば、自分で作ったなら原価150円のマーマレードだけど、お店では300円だったからあーだこーだ文句言う人は私も嫌いだ。そのお店が研究に研究を重ねてその味に辿り着き、かつ自分でいちいち料理しなくてもさっと買えるからこその「300円」「原価2倍」というもの。これは理に適っているし、文句があるなら素直に買わなければいい。

ただし「原価を気にするな」というような一言で締めようとするのも私は苦手で、個々の価値観にもよるだろうが、何かに対しての対価というものは必ず存在するはずだ。たとえば、今ではラーメンは一杯千円近くという風潮があるが、私も美味しければ千円払ってもいい。どうあがいても、その味に辿り着けないと思うし、仮に辿り着けたとしても「今、手軽に、この場所でラーメンが食べたい」という欲求を満たしてくれると考えれば、高くはないはずだ。

けれども、やはり価格というものの影響は誰にでもあるはずで、私がお気に入りにラーメン屋がすべて1500円に値上げしたならばもう足を運ぶことはないだろう。どうしても、どうしても食べたいと思わない限り……。

そう考えるとやはり「千円」近く払ってまあまあの味を提供されるラーメン屋よりも、「500円」支払って「美味しい」ラーメン屋に足を運ぼうとするのは自然なのではないかと思う。

何はともあれ、ユーザー側なのに「これは高値だ、もっと安くしろ」と、特に本人に向かって文句を言うのは筋違いだし、嫌ならば購入しなければいいだけのこと。マーマレードの話だって、いつも購入しておいてネットで「ここのマーマレードは原価が○○円だから云々」と、わざわざ言わなくていいわけだ。そのマーマレードのリピーターでもなければ、不味くて、品質も悪くて評価を下すならばまだしも……。

これはハンドメイドの話でもよく聞く話で、たとえばネックレスがあったとしよう。このネックレスの原価が5千円に対して販売価格が1万5千円だったとする。それに対して「原価は5千円なのだからもっと安くしろ!」と本人に言うのは、あまりにも可哀想ではないか?

そのネックレスを20時間かけて作ったとして、デザインを考える時間まで考慮したら、私はとても見合った対価だと思う。そう思わないなら二度と購入しなければいいだけの話だし、ハンドメイドで高品質かつデザインも優れたネックレスを産み出す人に対して「もっと安くしろ」はあまりにも暴力的だ。その人の生活を果たして考慮しているのだろうかとすら思う。

何はともあれ、モノやサービスに対して、本人が十分支払う価値があると判断したのならば、それを外野がどうのこうの意見、というか度が過ぎた暴力なるものを振る舞うのは見ていて不快だな、と常々思う。もちろん、何かに対して良い悪いの評価を下すのは誰にとっても自由だ。ただし、マーマレードなりハンドメイドの物なり、様々な面を考慮し、ちゃんと自覚した上で意見を申していないことも少なくないから、それは違うと思っただけである。