適正価格



適正価格という言葉自体好きではというか、なんだか不適切な気もするけど、それでは話が進まないのであえてそう形容するとしよう。

この適正価格というものは、本人によって、あるいは対象によって変動しやすいものだと思う。私の中で外食に1000円以上払って美味いのは当然だと思っているし、世の中のすべての外食がその価格値なら気にもしないが、やはり比較してしまうのは仕方ないことであって、、、

たとえば、蕎麦屋に関しても「1500円も払ってこの味?」という蕎麦屋もあれば、それを遥かに凌ぐ美味しさで700円未満のお店もあって、そうなると、それを知ってしまうと、やっぱり「あのお店には味も価格も劣る」と思ってしまう。

なんでもかんでも原価、原価と言っているわけではなくて、モノによっては(度が過ぎた価格でなければ)値段を気にせず購入することだってあるだろうし、私が冬物のコートに3万円とか、スーツに10万円以上支払ったとして、それを見て「どうかしている」「高い」という人が出てくるのも知っている。

けど、この場合、その価格を支払う価値を見出だしているかどうかが大切であって、自転車に全く興味ない人からすればロードバイクに10万円以上支払うのは馬鹿げているだろうし、もっと上を求める人からすれば安いくらいだと思う。私の中では数十万、ましてや100万円近く支払って自転車に乗るメリットが自分にはないから今の自転車に乗っているし、その価値があると見なしたから購入したわけであって、、、

ただし、私の中での絶対的なルールとして、原価云々以前に、価格以上の何かをもたしてくれるかどうかが重要というものがある。これは私だけでなく、何かを提供する側は意識して欲しい部分であり、それが疎かな商品や作品も多く出回っているのがまた問題でもある。

自転車にしても、乗り心地が最悪で、とても愛せないような自転車だったなら10万円だろうが1万円だろうが嫌だし、ZINE にしろ写真集にしろ画集にしろ、1000円でも高値と思ったら高値だし、1万円でも安値と思ったら安値なわけであって、、、

価格やら原価の話をし始めると、ジャンル別に絞る必要も出てくるから難しいんだけど、食事を提供する側に「美味い不味い」ではなく「この価格はおかしい」とクレームを言うのはなんだか違う気がするし、かといって個人の努力、分かりやすく言うなら過大評価しすぎるのも違和感が生じる。

写真集などの類いで例えるならば「高すぎる本も、安すぎる本も嫌い。何よりお互いにメリットがあるのがちょうどいい」というのが私の考え。アウトプット側としての私、インプット側の私、どちらの私で考えてみても。

安値、破格で売り出してユーザー的には嬉しくても作家側が損しては結局長持ちしないし(最初から無償、あるいはそれに近い精神で提供している人は除く)、作家側だけの都合で適正価格なるものを大幅に超え、むやみやたらにユーザーに高額を強いるのも違うなあ、と。

特に分かりやすい例が ZINE を出す、なんちゃって作家もどきの人たちがまあまあの価格で販売している事実。別にその作家なり作品が優れているならまだしも(ここで求める側が対象に価値を見出だしたなら関係ない、という話をすると本題から脱線していくので取り除く)、当の本人に対して「あなたなら、この ZINE 。このお値段で購入しますか? 本当に欲しいですか?」というものを出している事実。

自分に酔いしれすぎてしまうと、ユーザーおよび第三者側のことなどまるで無視した粗悪な商品、作品ができてしまう。それで「なぜ売れないのだ?」とか「買ってくれないと私(私たち)はこの先やっていけない」とか言われても、何の説得力もないというか……。

なんか、服で言うなら、すぐに壊れてしまって一年も着られなさそうなものを「ハンドメイドだから1万円で売ります(購入してくれないと私は生きていけない)」とか言われても、困るでしょう?

ここまで書いて思っていたけど、一つの意見がなんでもかんでも当てはまるわけではないということ。何かの商品や作品に対して、レビューの星が一つだらけでも誰かにとっては五つ星に値するものかもしれないし、繰り返すけど見合った対価と思うのは個人の問題。

けど、それを真に受けて「じゃあ、私はこの粗悪なモノをこのような高値で売りつけるわ。これを良いと思うかどうかは人それぞれでしょう?」と自惚れている人たちは、やっぱり違うよね?と思ってしまう、終着点がない、むしろ永遠のテーマな気もするお話。誰か具体的に説明できる人がいたら、こっそり私に教えてください(笑)