twitter とブログの大きな違い



「そんなの知っているよ!今更?」と思うかもしれないが、やっぱり twitter とブログの大きな違いは「瞬時に思ったことを、上手くまとまっていなくとも、気軽にアウトプットできる」かどうかの違いだと思う。

かつて私は twitter にて「140字ビッシリ詰まったツイートを10回繰り返すと1400字に達するわけであって、それならブログなり何なりを執筆した方がマシなんじゃないか?」と思ったし言ったこともあるのだが、じゃあその10回のツイートをただくっつければ1記事できるのかと問われたらそうでもないし、やはりアウトプットの質、表現のステージが異なるものなのだと自覚した。

唯一のデメリットとして、ブログでは「こんなことを思っているけど、これはこうで云々」と、twitter のように一部分だけ摘出されて誤解を受けるような文面も訂正できることなのだが、twitter ではそれができない可能性もあるということ。

そして「どういう想いや経緯でその発言をしたか?」とか、その前後に存在するものをすべて無視して叩かれたり炎上するアカウントもいるわけであって……。

ただ、私的にポジティブに捉えるとすると、twitter で言葉の欠片なるものを思うままに放出し、あとからちゃんと掬ってあげてブログおよび記事という長文に発展、昇華してあげることも可能だなあ、と。

「よし書くぞ!」と意気込むのもいいけど、それが上手くできない場合があるので(=私のこと)、twitter で何気なく思ったことをツイートしたのち「もうちょっとこの発言を掘り下げてみよう!」という考えに切り替えてみるのもアリだよなあ、と。