誰にも迷惑をかけなければまだ救いがあると思うのは私だけですか?



この「誰にも迷惑をかけない」というのはどういうことかというと、もし私がヘビースモーカーで大量のお酒を飲むような人だったとして、それでも、それでもですよ? 仮に明日職場に向かって、そんな「昨夜飲み過ぎちゃってね」なんて様子が一切伺わなければ、相手に一切迷惑をかけなければ、どれだけ喫煙しようが飲酒しようが目に見えない部分なので関係ないでしょう?という持論を私は持っております。

また、それら娯楽費を自分で稼いだお金で好き勝手やろうと、第三者にアレコレ云々責められる要素なんてまるでないんですよ。本当に。それらをやった上で誰かしらに迷惑かけていたならばこの話は通じないんですけど、そうでないならば罪悪感なんて抱く必要まるでないですよ!と声を高らかにして言いたい。

それは煙草やアルコールの話抜きで、各々が抱く趣味云々の話。誰にも迷惑をかけず、自分で稼いだお金でどんな人生を歩もうが、第三者ごときにアレコレ言われる必要なんて1%もないということ。

それどころか、煙草も吸わない、酒も飲まない、けれどいつも体調不良で、自分自身と対話することもなく、いつだって愚痴や不平不満をあちこちに撒き散らしている人の方が、私はよっぽど迷惑と思いますがね? あなたもそう思いませんか?

別に喫煙や飲酒を美化しようとしているわけではないんですよ。吸わない人にとっては煙草の匂いはキツイですし、身の程知らずにのんべえが酔っぱらった勢いで強気に出るのも、私はめっちゃ迷惑だとは思いますよ?

ただし、ほどほどの飲酒を心がけ、路上喫煙などもせずに喫煙のルールを守る(=誰にも迷惑かけない)ことを前提にした上でね、これらの習慣がある人を、表面上だけなぞって馬鹿にしてくるのが私は凄く嫌いなんですよ。

人に迷惑をかけないことを前提とした上で、喫煙しようが飲酒しようが、日々の生活以上の努力すらしない人がそういう人たちを叩くという流れに私は怒りを感じるのです。もしかしたら、あの人は煙草もお酒も毎日嗜むけど、物凄いストレスに耐えて、物凄い功績を今も残しているかもしれないでしょう?と。

そういう可能性をないがしろにして、表面上にうつるものだけで判別して叩く人が今の世の中にはあまりにも多すぎるんですよ。なんですか?喫煙しただけで犯罪者扱いですか?と。この問題は、非喫煙者であろうとなかろうと、思うんですよ。

正直に告白すると、煙草を吸わない時期もそうでない時期も私にはありました。ただし、今私がどちらの立場なのかは関係ないのです。喫煙者を支持する気もありません。

しかし、あなたのその怒り、本当に煙草だけに向けられたものですか?と。別に大層なことを成し遂げているなら路上喫煙してもいいとは言ってないんですよ。

でもね、喫煙者という事実だけで相手を見下すのには物凄く強い違和感を私は感じるわけです。煙草を吸う吸わないが問題なのではなく、私ならありのままの相手を評価しますけどね。

逆に、煙草も吸わないお酒も飲まなければ、何をしてもいいんですか?と問いたくなる人が世の中目立つ。確かに、それらをやらないのは立派かもしれない。けど、あなた、なんで第三者を攻撃したりしているの?みたいな。

変な話、煙草やお酒を嗜んで誰にも迷惑かけないで済むのであれば、私はそれらをやらずに迷惑をかける人よりよっぽどマシだと思いますけどね。何度も言いますが、路上喫煙でもしない限り、それらは第三者に認知されない不透明な部分なので。

たとえばね、私がヘビースモーカーで大酒の習慣があったと仮定したとしてね、同い年でどちらもやらない人が同じ職場にいたとしてね、私よりも遥かに仕事をこなせず、愚痴や不平不満ばかりを漏らしていたなら、単純にどっちが好きですか?と。

表面上の情報だけインプットしても本質は分かりかねるわけです。仮に、私が大量の煙草やお酒を嗜んだ上で、翌日職場に迷惑をかけたなら私も反省しますよ? でも、世間ではお酒も煙草もやらない、というか、そもそも日々の生活以上の努力すらしない人が、それっぽい理由および正論を見つけ出すと途端に輝き出すわけですよ。

これは昔勤めた職場でもありました。「あのおっさん、めっちゃヘビースモーカーだよね。キモい。終わってるよね」とか私に言ってくる20代前半の男性がいて、私はすぐさま「確かにあの人はめっちゃヘビースモーカーだけど、誰にも迷惑かけていないし、そもそもお前以上に仕事しているけど、その辺、自分でどう思う?」と怒ったことがあります。

それを言えるのは、そのオッサン以上に職場、かつ職場以外でも努力していて初めて言える意見なんですよ。そうでなければ何も説得力がない。説得力なんて最早皆無に等しいですよ。

そのおじさんを例にしたら、煙草を吸わない方が良いに決まっているんですよ。けど、私の中では「非喫煙者で若者<<<<<<<喫煙者だけど色んな意味で仕事ができるおじさん」という図式がそのときに出来上がっていたし、今でも覆す気はまるでない。ただ、何度も言いますが、酒や煙草と無縁な方がいいですよ、ということ。