「どうすればいいのか」と「どうしたいか」はかけ離れている



いわゆるブロガーと呼ばれている人たちは、他の分野の世界を経験していないことが多い。最初から就職もせずブログの道一本に絞っている人もいれば、会社員を経た上でブロガーになった人。大体このパターン。

注意しておきたいのが、その人たちを否定する気は全くないということ。むしろ、尊敬すらしている。自分には成し遂げられていないことだから。

もし「ブログ」という世界のみで括ったならば、私なんて何も得ていないのでカス同然なのは百も承知。また、このブログ経由で本気で収益を果たしたいとも思っていない。そうなったら嬉しい気持ちはあるからアドセンスも貼っているわけだけど、その優先順位が低いという、伝わるかな?この感覚。

「ブログ」「収益」で検索すると、中には「お金が欲しくないなんて嘘でしょう?お金が欲しいからブログやっているんでしょう?」と訴える人も出てくるし、言いたいことは凄く分かるし、本気でそう思ったなら実行あるのみだと私は思う。でも、何度も言うけど、私はこのブログでは「収益を図る」ことが目的ではない。全くないと言ったら嘘かもしれないけど、その優先順位は限りなく低い。なぜなら、どういうふうにブログを運営すれば生計を立てられるかは明確にブランディングできるからだ。でも、あえてそれはしない。言い訳みたいに聞こえるけど、紛れもない事実。

昔からそうなんだけど、誰かに助言することはとても得意だ。仮に「ブログで生計を立てたいのに全然上手くいかない」という方には何が駄目なのか指摘することができる。そう訴えるブログを見ているだけで、何が悪いのか、どうしたら上手くいくのか正直分かってしまう。

こういう発言をすると胡散臭いと私でも思うんだけど、それでも私がそう言い切るのは様々な分野で成功者も間近で見てきたし、何より自分も成功してきたという実体験があるから。

ブログに限らず SNS でもそうなんだけど、誰もが想像や憶測で決めつけて、自分の体験がない人が最近多い。これは現実世界でもそうで「こうに違いない」とか、「これはこうでね」という正論を吐く人に限って、実体験、あるいはそれに近いものがなかったりする。

で、私がどれだけ優れた人物かをアピールする気は全くなくて、むしろ私自身はクズだとも自覚しているほどで、淡々と事実を述べているに過ぎない。

ちょっと私の詳細を語ると、ファッション業界でも芸術業界でも、ある程度の成功やら実感を得たからこそ、分かることがある。もちろん、それ以外の分野でも、ね。色々それなりにやってきたんです。実は。

でも、飽きちゃった。というか、疲れました。それが私です。そんな自分を尊い人物だとも思っていません。今は完全に「世界に注目されたい」「売れたい」といったような気持ちは本当になくて、でも、何かを表現することは好きだから自由気侭にやっています。

上手く言えないけど、誰の目も気にしない状態を保ちつつ、世界に向けてアウトプットしているような感じ。世界中に忌み嫌われようとも、私は好きな絵を描くという信念は10年以上経った今でも変わらない、ブレていない。

それを踏まえた上で、別に私はヘンリー・ダーガーやヴィヴィアン・マイヤーみたいに隠すこともなく、どこかしらで今日もアウトプットしています。で、それを「好き」「買いたい」と思う人たちがいるのは、まあ素直に嬉しいんだけど、そこに固執していないというか、要約するなら細々と生きているわけです。

それで生計を立てる気もないので、副収入程度のものですね。それもまた、どうやったら売れるか、どうやったら稼げるか、誰と関われば、どうアピールすれば成功するかもちゃんと把握しているんです。でも、それをしない。

昔誰かに言ったことがあるんだけど「売れない」と「売らない」は全然別物。私の場合は完全に後者です。権威ある様々な方々から声もかけられたけど、すべて無視。で、これは紛れもない実体験、実感だと私は思うんですよ。売れないほどなのに得意げに偉そうなことを言うのと、売れたけど売らなかった人が発する言葉では、重みが違うでしょう?

過去の友人や知人に直に語られる体験もまた、ある意味強い言葉。オンライン上に憶測で語られたり中途半端な意見ではないもの。

たとえば、イラストレーターを目指している人がいるとします。で、私の知人は出版社を50社くらい回って、ちゃんと自分の作品を見てもらったんですよ。誰とは言わないけど、スタート時点から安定はしていましたが、今では何かしらの雑誌を開く度に彼女の絵を見かけるほど。まあ、実は雑誌はもう買っていないし、開きもしないんですけどね(笑)

だから数年前の話です。けど、雑誌を買わなくても開かなくても、どの雑誌に掲載しているかは調べれば分かるというもの。そこでちゃんと確認しています。

アルバイト先に同じくイラストレーター志望の人がいたのですが、そこまでの努力およびアクションを起こしていないんですよ。本当に。本気でイラストレーターを目指しているならば今すぐにでも作品をまとめて出版社を駆け巡ればいいのに、自分が傷つかない程度の場所に居座るんです。そういう人は。誰も責めない代わりに、特別なものも得られない。

私が思うに「画家」と「イラストレーター」って絶対的に違うものだと思うんです。画家がアレコレ執着して世間やら何やら関わらないのは分かるんだけど、イラストレーターという商売、職業を目指しているにも関わらず、行動を起こさないのは筋が通らない。

「モノ」やら「商品」という言い方をすると乱暴なんだけど、私の感覚ではこれが絶対的にあって、もし私が商品をプロダクトすることに強く惹かれていたなら、私は迷わずその道に進めるんですよね。だって、何か良いものを作って、誰かがお金を支払っていただくという図式がスムーズに結びつくから。これは飲食店でも同じ。

でも、私はそういう、これまた言い方が悪いのですが、俗物主義ではないと気づいてしまったから、今の私がいるわけです。で、自分のことを芸術家とか崇高な存在ともまるで思っていないんですよ。本当に。私は好きなように絵を描いているだけ。それを欲しいと思う人がいたなら売るどころかあげちゃったりすることもあるけど、画家として成功したいとか食べていきたいという願望がない、みたいな。

それで、色々巡ってブログの話に戻ってくるんだけど、やっぱり自分に関わることはすべて一貫していないと駄目なんだなあ、と思いました。

一貫ってなんだよ?と思うかもしれないけど、たとえば私がミニマリストだとして(まあ実際ミニマリストを目指したり、そうだとも思っていないけど物欲はないのは事実)、モノを欲さないにも関わらずモノを提供して生きていく人生って、なんか違わない?と気づいてしまったんです。だから、ファッション業界からも消えたし、それ以外の分野でも、なんか違うよなあ、と。

今はそれを模索している段階なのかもしれません。昔ほど頭が固くないので、もし今やり始めたらまた違う答えが見つかるかもしれないけど、やっぱり嫌だという気持ちの方が強い。なんでモノがあんまり好きではないのに、モノを売る身分になろうとしているの?という違和感が生じる。

ブログもそうで、ブログを通して色々思考やら試行を繰り返してきたけど、それを職業にしたくはないからこうして好き勝手にこの場で書いているわけだし、職業にするならもっときちっとしようと考える。

自分が真面目に考えて書いた文章を誰かが買うという図式、つまりライター業も違和感ないんだけど、ここではそういう疎ましさやら何やらを排除したいなあって。そんな意味不明な日記です。