前回の続き



何も偉業やら成功やらの話だけでなく、日常のありとあらゆるシーン、誰にも通用することだと思っている。ついさっき書いた日記の「どうしたらいいのか」と「どうしたいか」はかけ離れているというテーマは。

「友達が欲しい」「学校や会社や家庭で人間関係を円満にしたい」けど、どうすればいいのか分かってはいるけど、やりたくてもできない、あるいはやれるけどやりたくない、というのもそうだし。

じゃあどうすればいいの?と、これは他人事ではなく私の問題でもあるんだけど、やっぱり自分のやりたいように、望んだようにやることが一番だな、と。

例に挙げたことを本気で望んでいるなら、それを叶えるために自分を変える必要があるならそうすればいいし、そうでなければやる必要がない。当然だけど。私は好きでもない人と関わるくらいなら、自分を貫いて一人の方が良いなあ、と思うタイプです。全く寂しくないといったらなんか違う気もするけど、それは限りなく0に近くて、やっぱり寂しくないという。

私が思うに、他人といるときに感じる孤独の方がよっぽど辛い。本当に。なんで他者と関わってまで孤独を感じなければいけないのか?と思う。それならちょっと寂しい方がいい。ZARD の受け売りみたいで凄く嫌なんだけど、事実です。

このブログもそうなんだけど、ありのままの自分が愛されたら、そりゃあ嬉しくないわけがないですよね。でも、自分がやりたくもないブログを仕事のように更新し続けて「いいね!」なんて私は全然欲しくないし、なんなら嫌われても構わない。だって、私は好きに生きているだけだもの、と。

ナルシストは駄目だけど、自分を愛すること、自分を大切にすることって、生きていく上で本当に大切ですよ。そこがブレなければ、大抵のくだらないことは乗り越えられる。乗り越えられない事態に直面したら、もうそうなる要因の場所から離れた方がいい。