許容と不信は似ている



普段の日常の話ではなく、今いる職場の話(今月一杯で退職する)。今年の春まで5年以上勤めていた職場ではそういうのは一切なく、今思えばオアシスのような職場であり、そこでの優しさは本当の優しさだったんだけど、今の職場は違う。やっぱり環境が異なると人は変わるものだなあ、周囲の影響って意外と大きいんだなあ、以前は本当に恵まれていたんだなあ、とつくづく思う。

今の職場では、嫌いじゃないけど好きでもない微妙な人間関係を築いていて「本当若いのによく働くねえ」とか言われているんだけど、別に相手のためではない。相手のことを全く信用していないから誰よりも動いているだけに過ぎない。

この職場にいる人たちは、特に自分の勤務時間に関わる相手は愚痴を言わないことがない日はないほど、自分の気に食わない相手のことを過剰に叩くのと、叩く割には自分も仕事ができていないことに全く目を向けていない。そして、当初は多少の期待をしていたのだけど、自分のミスを私のせいに何度かされた時点で「ああ、コイツ、もう信用できないや」と思ったので、もう何もかも相手のことを仕事面で信用しなくなった。その人の担当の範囲まで自分がやることにした。

相手のことを想っているというよりは、相手と一緒に仕事をした上で不備が発生することの方が、、、

本当はそこまでしたくない気持ちもあるんだけど、上司に一緒に括られて怒られる方が面倒な気持ちの方が勝っているからそうしているだけに過ぎない。

誰もが深い信頼を築いていた以前の職場が貴重なだけであって、この職場が珍しいわけではないとも自覚しているから、私は相手の都合の良いように合わせているだけ。また、誤解されないように訂正しておくと、それがストレスになっているといったらなんか違う。ストレスになるくらいなら私は最初から相手をフォローするような真似をしない。

ストレスになる前の範囲で収まる努力をすることで、結果的に嫌な思いをしなくて済むなら私がフォローするから、もうあなたは大人しくしていてね、といった感覚。おそらく。

でも、以前の職場でぬるま湯に浸かりすぎていたせいで忘れていたが、私は基本的に職場で出会う程度の相手を信用していなかったことに気づいた。誰に対してもそうだというわけではなくて、心の底から話し合いができないような相手が同僚にいる場合の話。

そこに本当の優しさが全くないわけでもないし、相手が疲れきっていたなら心配する気持ちもあるんだけど、裏を返せば、それだって相手を信頼していないわけであって、やっぱり私は他人をあんまり信用していないんだなあ、と。

アルバイトにしろ正社員にしろ、自分に一切の隙を与えず、愛想よくやっていれば叩かれることなんてめったにないのだからという諦め、妥協、失望、不信は必ずある。もちろん、頑張った方が気持ちいいし、相手のためというより自分のためという気持ちもある。

繰り返すけど、5年以上勤めた職場がレアなだけであって、どの職場においても完全なる個人の作業ならまだしも、誰かと一緒になってやる作業では相手を信頼したことはなかった気がする。しかも、それが苦痛じゃないから余計に動くだけだ。

まあ、最近は、そういった努力をするなら完全に自分のためだけに力を注いでもいいんじゃないか?面白いんじゃないか?と考えているんだけど。今までそれをやってこなかったから余計に。