必要善



必要悪という言葉があるけど、今日の私は必要善。アルバイトとして働くのでもブログを書くでもない私の成すべきこと、成し遂げたいことが今目の前にあるから。ブログに専念する以前に、まずはこの目の前の課題を。これを無視することはできない。これを無視するくらいなら私は自殺することを選択するほど。私が生きている上で、最も大切なこと。

これはいわゆるブロガーたちにとっても言えることで、自分の大切なプライベートの時間を損なってまでやる必要はないということを表している。恋人との時間を損なってまでブログを執筆する必要はないし、妻および子供と過ごす時間を損なってまでブログを執筆する必要もないし、恋人や妻、あるいは親しき友がいなくとも、自分のために使うべき時間というのは誰にだってあるはずだ。

とにもかくにも、ようやく終わらせられることにホッとしている。何事もそうだけど、終わらせないということは永久に悩まされることでもあるので、やっぱりなんでもかんでも終わらせることは大切だ。ブロガーにとっては一記事を、画家にとっては一枚の絵画を、音楽家にとっては一曲を……。

書きたいことは山積みで、明日あるいはそれ以降も消失させないように、頭の隅のどこかに残しておかなくてはと思う。ブログを書いている人にとっては、今日書こうと思ったことが翌日書く気が失せてしまったというのは最悪で悲しいものだ。

いつもそうなんだけど、作業をし始めると、部屋に多少の圧迫感が生まれる。仕方ないことなんだけど、毎度毎度さっさと終わらせて、一刻も早く部屋を空っぽに、元通りにしてあげたいという焦燥感がある。

悪く言うと、いつも散らかして、片づける行為の繰り返しをしているわけだ。そう考えると、なんだかオカシイ。