その一杯が禁酒や休肝日に繋がらない、その一杯がアルコール中毒を招く



しばらく禁酒しようと思っているあなたも。

今日は休肝日にしようと思っているあなたも。

昨日辞めるつもりだったのに飲んでしまったあなたも。

今、お酒を飲んでいるあなたも。

まずはその一杯から、その一口から完全に逃れましょう。

その一杯が命取りです。

※上から目線のように感じるかもしれませんが大丈夫、これは私にも該当します。


決して酔わなくても、酔ったとしても軽い程度で泥酔なんかしない、翌日にも残らない、お酒を飲んで人が変わるわけでもない……自分以外の誰にも迷惑かけていない私もあなたも実はアルコール中毒。

別に苦しんでいなければいいし、絶対に禁酒すべきと言う気もないし、実際私も苦しんではいないのですが、とりあえず最初の一杯によってすべてが始まるという事実を教えたかっただけ。

今日は抑えておこうとか考えていても、最初に一杯飲んでしまった時点で、飲めちゃう人はグイグイと止まらなくなってしまうんですよね。

それによって体調崩したり二日酔いになったりするならアレですが、そうでないから余計にいいや、みたいな。

私の場合、好きなんだけど、ほどほどにしたいとは思っていますし、そろそろ辞めてもいいかなあとも考えています。

普段の生活や健康に対して目に見える害はなくとも、モチベーションとかパフォーマンス力が低下しているかと問われたら、まあ、低下していますし。

あと、一昨日「今日は別に飲みたくないなあ」と思っていたら、本当に飲まずに済んで、だったら最初からいらないじゃんとすら考えたのです。色々と。

その翌日、大して飲みたくなかったけど、ちょっと一息と帰り道のバーに寄って一杯だけ飲んだときも「あれ?こんなに美味しくなかったっけ?じゃあもう家に帰っても飲まなくてもいいや」と思っていたけど、その一杯が引き金になって結局家では飲んでしまう結果に。

だから、日頃からお酒を常飲するクセがある方で「適度に飲みたい」とか「休肝日を設けてみようかなあ」とか「節約したいなあ」とかもし考えていたら「一杯だけ」という考えをまずは排除すべきなのです。