英会話の基本表現:呼びかけ【発音の仕方付き】

excuse me.png
※ 本文中の英語にはネイティブに近い発音をカタカナで付けています。
※ 強く発音するアクセント部分は太字で示しています。
※ 語尾にくる「p」「b」「t」「d」「k」「g」などの発音は軽く添える感じで弱く発音します。該当する部分、またそれ以外でも弱く発音するところは小さい文字で表記しています。


すみません
Excuse me
イクスューズ ミー


何かご用ですか?
May I help you?
メアイ ウプ ユー


お尋ねしてよろしいですか?
May I ask you something?
メアイ アスク ユー サムティン


ちょっとお願いしたいのですが?
Could you do me a favor?
クッジュー ドゥ ミー ァ ェイヴァ


ごめんください、どなたかいらっしゃいますか?
Hello, is anybody here?
ウ イズ エニバディ ヒア


お時間よろしいですか?
Do you have a minute?
ドゥ ユー ハヴァ ミニト


お先にどうぞ
After, you please
アフタァ ユー プリーズ


手を貸してもらえませんか?
Could you lend me a hand?
クッジュー レンド ミー ァ


お手数おかけしました
Thank you for your trouble
ンキュー フォァ ユァ トラブウ


(補足)
「May I help you?」に関してですが、このフレーズは「いらっしゃいませ」「何かお探しですか?」「何にいたしましょうか?」「ご用件を伺いいたします」「お手伝いしましょうか?」「何かお困りですか?」など、場面別に多くの扱い方ができます。

「Excuse me」が上手く発音できない、英語が不慣れな方は(正しい正しくないとか気にせず)「Sorry」と一言かけるようにしましょう。これだけでも、スタッフや街中の人たちは反応を示してくれるはずです。