もういちど はじめから



100記事目前を迎えたところで、自分の中で色々と思うところがあったので思い切って記事をほぼ全て削除した。下書きや非公開状態にしたわけでも、どこかに記事の内容をメモしたわけでもなく、完全なる削除。不思議と後悔はなく、むしろ清々しい気持ちで包まれている。

順調に育ててきたブログおよび記事を放棄する行為は、誰から見ても愚かな行為であり、自分でもそう思う。しかし、これは今のぼくにとっては最も重要かつ優先すべき一つの選択だった。

このブログはしばらく価値が下がることになるであろう。もしかしたら二度と浮上することはないかもしれない。その犠牲を払った上でも、ぼくは自分自身が納得できるようにこの道を選んだ。

納得ができないのであれば、好きで記事を執筆できないのであれば、少なくともこのブログに関しては運営する意味はない。

「もういちど はじめから」。そんな言葉がふと頭に浮かんだ22時。