やらない善より、やる愚かさ



久々の更新です。完全にこのブログ自体も、ブログに関するすべてのことも放置していました。7月13日の更新を最後に放置していたので、3ヶ月弱もの期間、更新どころかブログにアクセスすることすらしなかったというわけですね。

それにも関わらず、ふとブログのことが頭に過って、アナリティクスで調べてみたら、これだけ放置していたにも関わらず毎日のアクセス数が6倍にも増えていました。元の数の少なさをここで明かしても仕方ないので胸にしまっておきますが、正直に申し上げると0に近いアクセス数かと思っていました。

同時に、申し訳ない気持ちにも包まれる。約3ヶ月ぶりにブログの存在を意識し、その事実を初めて知ったときに思わず口から漏れたのが「ごめんなさい」でした。

また、ちょっと前に100記事以上更新したにも関わらずほぼすべて削除したことについても、今思うと悪かったなあ、と思いました。自分が好きか嫌いかも大切だけど、それを求めてくる方々も中にはいるわけで、Gmail を久々に開いた際も「過去の○○の記事が好きだったのに削除してしまったのですか?」というような問い合わせもあって、なんか、本当にすみませんという気持ちで一杯でした。

過去自分が下した決断に対して今更あーだこーだと弁解する気もないのですが、3ヶ月間ブログから離れた上で「私は一体何に固執していたのだろうか?」と素直に思いました。有意義なことでもくだらないことでも、もっと自由に、肩の力を抜いてブログを運営していこう、と。

ブログをこれだけ放置していたのは別に気分が沈んでいたわけではなく、その間に何もしていなかったわけでもなく、単純に忙しかったのもあるのですが、それは結局甘えや言い訳であって、もっと気楽に接してあげられたら、もっと素直に自分を受け入れられたら、ここまで放置することはなかったと今では思います。

なので、心機一転。またブログを再開していきます。タイトルはふと思いついた言葉なのですが、巷でよく聞く「やらない善より、やる偽善」に対して私が賛成しているかどうかはさておき、シンプルに「やらない善より、やる愚かさ」だな、と。言い換えるならば「良質な記事、コンテンツを産もうとして出し惜しみするくらい」ならば「どれだけしょうもない内容でも更新していこう」というような意で私は扱っております。

何はともあれ、今日もこのブログを訪ねてくれてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。