自己嫌悪



今日の私に対しての一言は「自己嫌悪」。その一言に尽きる。決してネガティブでもポジティブでもなく、単純にフラットに接した上でそう思う。ブログだけではない。それ以外の様々な事柄に対して、素直にそう思う。ただ、最近関わる人たちを客観的に見ていてよく思うのが「なんでその厳しい眼差しを自分ではなく他者に向けるのか?」ということ。そういう人に限って、自分を棚上げにしたり、自らの発言が自分にブーメランのように返ってきている事実にすら気づかないという、ね。年配の人に限ってコレは多いのだが、みんな自分で自分に凶器を振りかざすことが苦手なのかな、とか色々考えてしまう。でも、逃げたところで辛いのは当の本人なのだから、やっぱり私は逃げたくはないなあ、とか、ね、色々思うのよ。話が脱線してしまったけど、とりあえず今日の自分に対してまとめると「ふがいない」「自己嫌悪」「etc」。それに尽きる。何をやっているんだろう。何をしようとしているんだろう。みたいな。これはいつも思うんだけど、自分のことをちゃんと客観視できている、反省できている、だから自分は大丈夫みたいな発想が最も危うくて、それらをちゃんと対処できなければまるで意味がないということ。この日記は、すべて自分への戒めとして書いたようなもの。